HOME >  パルテノンのこだわり > アルコールランプを電気照明にリメイク

 

アルコールランプを電気照明にリメイク

 

 

現代では、アウトドア以外であまり使用することに馴染みのないアルコールランプ。お洒落で素敵なアルコール
ランプを家庭で、しかも安全に使用したいとお考えの方も多数いらっしゃると思います。そんな皆さんの願いを
パルテノンでは、アルコールランプの持つ雰囲気をそのままに、電気照明へとリメイクしています。

電源コードをご家庭のコンセントに差し込むだけで、通常のテーブルランプのように便利にご使用いただけます。
もちろん電源コードには、中間スイッチがあり電源の(オン/オフ)も簡単に出来ます。

※ 電気照明にリメイクをご希望の場合はお問合せ下さい。
 (商品によりリメイク出来ない場合もありますのでご了承ください。)

 
・照明リメイク (アルコールランプ ⇒ 電気式ランプ)

 

 電気式ソケットの取付け加工
根元をばらして、溶接加工でソケットを取り付け。
ソケット取付け前 / Before ソケット取替え後 / After  

 

 ガラスの穴あけ加工
もともとアルコールを入れる容器になっている為、電気コードを逃がす場所がありません。
コードが外から見えるのも見た目が悪くなるので、特殊ドリルでガラスに穴を開けます。
ガラスに配線を逃がす為の穴① ガラスに配線を逃がす為の穴② ガラスに穴を開けて配線を下まで通します。
さらに中央を通るコードに、アルコールランプの名残を演出する為に、使用していた麻をコードに巻きます。
麻でアルコールランプの名残を演出① 麻でアルコールランプの名残を演出②  
この加工により、電気式でアルコールランプの雰囲気を楽しんで頂けるようになりました。
手元の、ON/OFFスイッチで楽々点灯!
 

 完 成

アルコールランプ / Before
アルコールランプ / After
 
Bfore
After
 

<アルコールランプ>
Before

<電気照明にリメイクしたランプ>
After
 
       

◇ アルコールランプは、商品カテゴリーの「スタンドランプ」にございます。

  ※ 電気式へのリメイク費用は、別途¥3,240-(税込)~ 

 

  その他にも、陶器製や真鍮製、ミルクガラスのオイルランプもございます。

  ※陶器、真鍮、ミルクガラスのオイルランプは、¥26,000~